岐阜県の池田山からの夜景について

岐阜県揖斐郡に、夜景が素晴らしい標高923.9メートルの池田山があります。
山の東側はさえぎるものが無い為、整備が行き届いている中腹以降の登山道や車道からは、岐阜市、大垣市、一宮市方面をはじめとする濃尾平野全体の見晴らしに恵まれています。また、空気が澄み渡り天候が良い時期であれば、遠く名古屋市内まで見渡すことができます。
標高600メートル付近には、ハンググライダーの離陸台が設置されていることからも、池田山からの展望の良さを表しています。休日の昼間ともなりますと、ハンググライダーが飛び立つ瞬間や空を舞う姿を見物する客も加わり、大勢の人たちが芝生に腰掛けてくつろいでいます。
このまま夕方を迎え、日が沈んでいくにしたがって、ふもとの景色は、次第に光を点滅する数が増え始めます。それらが集まり出すと、眼下は光のじゅうたんとなっていきます。刻々と変化する光景を眺めているだけでも、時間の経つのを忘れてしまうほどです。